CM@RAG
CMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
ヘーベルハウスのCM

【ヘーベルハウスのCM】人気のCM・歴代コマーシャルまとめ【2019】

「ハーイ」のキャラクターでおなじみのヘーベルハウスですが、最近ではどうやら違うようですね!

スタイリッシュな映像の演出と、洗練されたサウンドが相まって話題になっているようです。

一体誰が作曲しているのでしょうか?

昔のシリーズもいくつかご用意しました!

懐かしいと思います。

ご覧ください!

【ヘーベルハウスのCM】人気のCM・歴代コマーシャルまとめ【2019】

比類なき壁 2018 30秒TAAR

日本の住宅関連CMとしては珍しい、海外CMを思わせるスタイリッシュな雰囲気のこちらは、へーベルハウス「比類なき壁」のCM。

音楽を手がけたのは、トラックメイカーとしても知られるDJのTAARです。

スタイリッシュなBGMとあいまって、思わず見てしまうCMに仕上がっていますね。

DJ/プロデューサーユニット、YOSA & TAARの一員としても活動する彼に要注目です。

比類なき壁 2017 30秒TAAR

2017年に放映されたヘーベルハウスの「比類なき壁」というCMです。

楽曲を手がけたのは、東京を拠点に活動するDJ兼プロデューサーのTAARです。

実験的なアレンジを加えながらも、耳心地のいいトラックですね。

彼はイギリスに留学をしていた時期もあるようで、どことなくUKのアンダーグラウンドな感じがとてもかっこいい曲ですね!

CM自体もミュージックビデオかな?と思うくらい非常にスタイリッシュな仕上がりになってます。

アウトドアリビング 2018森夏南波

ヘーベルハウスが提案する「アウトドアリビング」という外にリビングルームを、というコンセプトCM。

いろんなかたちの楽しみ方がオシャレに紹介されています。

家の中でできることも太陽の光の下で、夜でもベランダやデッキで食事やコーヒーを楽しむ、ちょっとしたキャンプのような楽しみ方。

部屋の続き、もうひとつの部屋という感じのとらえかたでとても自由であこがれます。

比類なき壁 -強い家-LLLL

出だしから災害などを彷彿とさせるシーンからはじまるCM。

スピード感ある展開で進んでいきます。

映像中の爆発音やガラスが割れる音などの効果音がアクセントとなっており、わずか15秒の間でストーリーが確立。

後半で出てくるバスドラムの音は、緊張感あるときの心臓音のようにも聴こえます。

あえてシリアスにする演出することで信頼度を高めているのが巧みですね。

ブリックバーミリオン

オレンジ色のオシャレなアコースティックを基調としたシンプルなCMです。

新しさと古くから存在する信頼をぎゅっと凝縮しています。

映像が次々と変化していき、見たときは家のCMとは一瞬わかりませんでしたが、若い世代の興味をグッと引き寄せる内容になっていますね。

CMのデザイン性が高いとここに問い合わせたくなりますね!

アウトドアリビング 2016Iris

ヘーベルハウスが提案する「アウトドアリビング」という外にリビングルームを、というコンセプトCMの2016年バージョン。

ベランダやデッキで大人数の食事を楽しんだり、テントを貼ったりコーヒーをいれたりしてキャンプのようなアウトドア気分を楽しんでいます。

こんなオシャレな生活できたらいいなあとうらやましくなるCMですね。

「満員電車」編 /「キャンプ」編川越浩

かわいいひつじのキャラクター「ラムくん」が日常を切り取って3階建てをオススメするCM。

満員電車に揺られてドアに押し付けられるラムくん、ストリートライブを見てノっているラムくん、キャンプに行って焼きそばを焼くラムくん、どれもかわいい!

こんなにかわいいラムくんですが本名は「羅務正永」(らむまさなが)といいます。

シブい、シブすぎる。

考えよう。答はある。「二つの価値」篇60秒細野晴臣

2つ並んだ表札、ポスト、ガスメーター、車、玄関。

「考えよう、答はある」というキャッチフレーズのヘーベルハウスの二世帯住宅のCM。

2015年に放映されていたものです。

二世帯住宅という言葉、よく聴きますがヘーベルハウスが作った言葉だったんですね、はじめて知りました。

ナレーションの細野晴臣の声がほんわりとしていてすてきです。

「言いぼん」篇

親、子供、孫という3世代が車に乗って会話しているのですが言いまちがい?とは思えないほど堂々と「言いぼん」と言い切っているこのCM。

言い分を「言いぼん」と言っているのですがなぜだろうと最後まで見ると二世帯住宅に関する「本」がもらえるよということで「ぼん」と言っているのですね。

親と子供はどこからどう見ても日本人なのに孫がいきなりフランス人でそこもびっくり!

「災害に強い家を 家族が増える」篇加藤久貴

娘夫婦が両親に家族が増える報告をするとお母さんが実はうちも家族が増える……という告白をしてその場全体が揺れる、衝撃が走るという内容のこのCM「家族が増える」編。

というのもこのCMが衝撃に強い、災害に強い家をということを伝えるCMだから。

ちょっと違う意味の衝撃ですけどね(笑)。

最後には新しい家族、かわいい猫にメロメロになっている姿が。

ほほえましい!

考えよう。答はある。「日照テスト」篇 60秒細野晴臣

冒頭、壁にたくさんのライトが当てられてナレーションもBGMもなく始まるこのCM。

「考えよう。

答はある」というキャッチフレーズでおなじみのヘーベルハウスの2013年に放映されていたCMです。

猛暑日やそれを超える暑さが続く日、外壁はどれだけ耐えられるかという耐久テストの映像。

映像がシンプルな分、細野晴臣のナレーションが耳に入ってきますね。

「3階でやってみたいこと!」タニザワトモフミ

親、子供、孫の三世代で暮らす家、三階建て。

その三階建てでやってみたいことを実際にやっている、夢をかなえているというCMです。

水遊びにダンス、光遊びにUFOを呼ぶ?という自由な発想で三世代がたのしみながら暮らす、遊ぶ情景が映し出されています。

タニザワトモフミの歌う「空の下で」がCMのオリジナルソングなのですが明るくてポップでマッチしていますね。

「災害に強い家を 挨拶」篇加藤久貴

いきなりの「娘さんのことを、何があっても一生守ります!」と土下座している緊迫感のあるドラマのようなワンシーンから始まっているこのCM。

ヘーベルハウスの「災害に強い家を」というシリーズのCMです。

父親が「君のような若造に!」と言い返すと迫真の演技で「僕じゃないです!」と言い切る彼。

強い家が守りますというものなのですね(笑)。

最後は和気あいあいと打ち解けています、あれで許してもらえたのか!

11.1自由化 自由の女神島津亜矢

水からザバーっと自由の女神が?そして「ヘーベルハウスは都市の住まいの空間を自由化します」というナレーション。

まるでハリウッド映画のワンシーンのようなCM。

自由化なので自由の女神なのですね。

CMソングは1977年に公開された映画「ニューヨーク・ニューヨーク」に作られた楽曲を島津亜矢がカバーで歌っています。

「災害に強い家を プロポーズ」篇加藤久貴

強い揺れなどにも耐えられる家のヘーベルハウスの「災害に強い家を」というシリーズCM。

プロポーズ、両親にあいさつ、など段階を踏んで進むシリーズなのですがこれは最初の「プロポーズ」編。

「君のこと、何があっても一生守るから」と言って差し出される指輪。

「約束だよ」と喜ぶ彼女。

しかし彼は「オレじゃないけどね」とサラリと言い放ちます。

「おまえじゃないのかよ!」とツッコミたくなるCMです。

ヘーベルハウス ロングライフプログラム「羊」編

2009年に放映された、旭化成のへーベルハウスCM「ロングライフプログラム 握手」編です。

かわいいひつじのパペットに「わたしゆみ、よろしくね」と話かけ、手をさしのべる女の子。

なんとひつじはその手をパクッとかんでしまいます。

女の子の叫び声が響くインパクト大のCMに仕上がっています。

パペットを操っているのがヘーベルハウスの担当の馬場さんというオチです。

「ずーっと・流れ星」編

ヘーベルハウスのキャラクターラムくん(本名「羅務正永」)が出てくるほんわりとしたかわいらしいシリーズのCM「ずーっと・流れ星」編です。

お兄ちゃんと天体望遠鏡で空を見ているラムくん。

その2人の目の前に流れ星が流れていきます。

お願い事を考えるけれども、願い事がないことが幸せなのでは?と気付く2人。

たしかにそれですね、正解!

「ずーっと・妹」編

ヘーベルハウスのキャラクターラムくんが出てくるほんわりとしたかわいらしいシリーズのCM「ずーっと・妹」編です。

一時期ちょっとした人気者になりましたよね、ラムくん。

ラムくんに待望の妹が産まれた、でもお父さんとお母さんは妹にかかりっきりでちょっとさみしい、兄として複雑な感情を歌いながらよろこんでいる内容です。

ヘーベルメゾン プラスわんプラスにゃん「犬の気持ち」篇

ヘーベルハウスのペットに特化した賃貸物件「+わん+にゃん」というシリーズの紹介CMです。

けっこう強い雨が降る中、不動産屋に物件を紹介される夫婦がいきなり差していた傘を捨て、大雨の中四つんばいになりふたりではしゃぎだします。

犬の気持ちを考えての行動とあとでわかりますがここだけ見ているとなかなかぶっ飛んでいます(笑)。

考えよう。答はある。「反力壁」篇 60秒細野晴臣

2012年8月に放映された、旭化成のへーベルハウスCM「考えよう答はある」「反力壁」編です。

大きなコンクリートの壁と鉄骨を使い、住む人を最後まで守る構造を研究していることを教える内容になっています。

地震に強い住宅を作るために、実験をくりかえしていることがわかります。

細野晴臣の低く落ち着いたナレーションが味わい深いですね。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます